巣鴨で酵素風呂

f0065990_1444797.jpg前から気になっていた、酵素風呂を体験してきました。

「巣鴨酵素風呂」というその施設は、JR巣鴨駅から地蔵通り商店街を歩いて15分ぐらいのところにあります。「おばあちゃんの原宿」の異名を持つ巣鴨。この地蔵通り商店街は、さしずめ原宿でいうところの竹下通りでしょうか。派手なアーケードをくぐると、御婦人向けの洋品店やおまんじゅう、お茶の店など、さまざまな店が軒を連ねています。いわゆるババシャツやら腹巻きやらがダーンと店頭に並んでいるところなど、他の町ではありえない光景です。

商店街を入ってすぐのところに、とげぬき地蔵尊の名で親しまれる高岩寺があります。平日にもかかわらずたくさんの人たちがお参りをし、洗い観音に群がっていました。

f0065990_14445983.jpgお目当ての「巣鴨酵素風呂」は、商店街が終わるぐらいのところにありました。小さなドアをあけると木と糠の匂いがぷーんとしてきます。階段を登った2階が受付。予約した名前を告げ(完全予約制なのです)料金を払ってガウンとタオルをもらい、ロッカーへ。ここでガウンに着替えたらいよいよ酵素風呂に入浴です。

おがくずの詰まった浴槽?箱?に仰向けに寝て、おがくずをかけてもらいます。イメージでいうと、指宿の砂蒸し風呂みたいなものでしょうか。熟練のおばちゃんがおがくずをかけながら、いろいろと説明をしてくれます。檜のおがくずに米ぬかを混ぜ、酵素を加えることで自然熱が発生するのだとか。入浴時間は15分。はじめはほっこりとして温かく、だんだんじんわりと汗をかいてきます。 汗とともに老廃物が体から出て、開いた毛穴から酵素が体内に吸収されるのだそうです。また、米ぬかを使っているから美肌にもよいのだとか。

シャワーで体についたおがくずを落としたら、休憩所で休みます。休んでいる間もじわーっと汗をかいてきます。どうやらちょっとだけ寝てしまったようです。しばらく休んだら、再びシャワーで汗を流し、着替えて退場。いやいや、気持ちよい。体がほっこりと温まり、肌の調子もよいみたいです。これはまた行きたいなぁ。できれば次回は「とげぬき地蔵の縁日」のときに。

巣鴨酵素風呂
http://homepage3.nifty.com/kousoburo/
[PR]
# by Westfield-T | 2006-02-22 14:47